ビキニラインの色素沈着はなぜおきる?その原因は?

ビキニを着たら、ビキニラインに色素沈着。
恥ずかしくて人に相談したくても、相談できない。
この色素沈着の原因は何なのでしょうか?

実は、この色素沈着の原因は大きく4つ考えられます。

一つは、下地や洋服による摩擦によって生じるというもの。
ビキニラインは身体が動くたびに下地のゴムや服による擦れが生じ、摩擦による刺激を受け易い部位なのです。
摩擦によって、肌バリアが弱まっていき、シミなどが出来てしまいます。
角質層が厚くなる過角化が進むことで、くすんだり黒ずんだりしてくるのです。
ですから、下地は風通しが良いものや擦れが少ない生地を選ぶようにするとよいでしょう。

二つ目は、かぶれや炎症によって生じるというもの。
肌が乾燥したりして、肌バリアが弱ると炎症が生じやすくなります。
そこへ紫外線を浴びることで、大量のメラニン色素が発生し、弱った部分に色素沈着が起こるのです。
紫外線を避けたり、肌乾燥を予防することがポイントです。
かゆみが生じる場合もありますので、その際はかゆみを薬などで鎮めることが大切。
掻いてしまうと刺激によって炎症が生じて、色素沈着が起こってしまうので、掻かないようにしてください。

三つ目は、アンダーヘアでの手入れ時の刺激や炎症です。
アンダーヘアをカミソリで剃ると、誤って角質層まで削ぎ落とし肌が弱り炎症を起こす場合があります。
アンダーヘアのお手入れは、電気シェーバーの方が無難ですのでそちらですることをオススメします。
アンダーヘアのお手入れは、ワセリンなどの薬が必需品。
事前に手順を確認して行うようにしてください。

四つ目は、ホルモンバランスの乱れによって生じる場合です。
ホルモンバランスが乱れることで、体調が崩れるだけでなく肌にもニキビなどが出来易くなります。
ホルモンバランスの乱れが気になる方は、婦人化に相談してみるとよいでしょう。