レーザー脱毛でビキニラインが色素沈着してしまった

レーザー脱毛は、自己処理が難しいVラインやIラインの脱毛を、安全かつ半永久的に脱毛処理ができるとして利用されている方も多いようです。

しかし、その分リスクも伴います。
そのリスクの一つが、色素沈着が残ってしまうことです。
特にビキニラインが色素沈着したら、ビキニを着たくてもためらいが生じますよね。

どうすればいいのでしょうか?

そもそも、レーザー脱毛でなぜ色素沈着が起こるかというと、レーザーによる肌細胞の火傷が原因なのです。
レーザーの出力が強すぎて誤って火傷を生じると、肌の奥にある真皮層を火傷によるダメージから守ろうとして、メラニン色素を作り出します。
このメラニン色素が沈着することで、黒い色素沈着が生じるのです。

色素沈着は、通常肌のターンオーバーによって1ヶ月程度で治るといわれています。
しかし、これはあくまで色素沈着が真皮まで至っていない場合に限ります。
真皮まで色素沈着が起こってしまったら、肌のターンオーバーだけでは簡単には治らないのです。

ビタミンC導入によって、2年程度時間をかければ次第に薄くなっていくかもしれません。
ですが、2年というのはちょっと・・・・。

そこで、トレチノイン酸とハイドロキノン配合の商品がオススメです。
強力な美白成分なので、頑固な色素沈着も薄くしてくれます。
ただし、ハイドロキノンというのは副作用&取り扱い方が指定されている強力な成分です。
自己処理で使用していると、治療不可能になることだって考えられます。
まずは、エステ店でこうなったという症状を具体的に見せて治療代を返してもらったりしてください。
その後、医師に見せて処方された薬を服用したり、生活習慣に気をつけて生活するなどしてみることから始めてください。