ビキニラインの色素沈着はなぜおきる?その原因は?

ビキニを着たら、ビキニラインに色素沈着。
恥ずかしくて人に相談したくても、相談できない。
この色素沈着の原因は何なのでしょうか?

実は、この色素沈着の原因は大きく4つ考えられます。

一つは、下地や洋服による摩擦によって生じるというもの。
ビキニラインは身体が動くたびに下地のゴムや服による擦れが生じ、摩擦による刺激を受け易い部位なのです。
摩擦によって、肌バリアが弱まっていき、シミなどが出来てしまいます。
角質層が厚くなる過角化が進むことで、くすんだり黒ずんだりしてくるのです。
ですから、下地は風通しが良いものや擦れが少ない生地を選ぶようにするとよいでしょう。

二つ目は、かぶれや炎症によって生じるというもの。
肌が乾燥したりして、肌バリアが弱ると炎症が生じやすくなります。
そこへ紫外線を浴びることで、大量のメラニン色素が発生し、弱った部分に色素沈着が起こるのです。
紫外線を避けたり、肌乾燥を予防することがポイントです。
かゆみが生じる場合もありますので、その際はかゆみを薬などで鎮めることが大切。
掻いてしまうと刺激によって炎症が生じて、色素沈着が起こってしまうので、掻かないようにしてください。

三つ目は、アンダーヘアでの手入れ時の刺激や炎症です。
アンダーヘアをカミソリで剃ると、誤って角質層まで削ぎ落とし肌が弱り炎症を起こす場合があります。
アンダーヘアのお手入れは、電気シェーバーの方が無難ですのでそちらですることをオススメします。
アンダーヘアのお手入れは、ワセリンなどの薬が必需品。
事前に手順を確認して行うようにしてください。

四つ目は、ホルモンバランスの乱れによって生じる場合です。
ホルモンバランスが乱れることで、体調が崩れるだけでなく肌にもニキビなどが出来易くなります。
ホルモンバランスの乱れが気になる方は、婦人化に相談してみるとよいでしょう。

子供の頃からビキニラインが色素沈着してたけど、これって遺伝?

「子供の頃からビキニラインが色素沈着しています。これは、遺伝なのでしょうか?また、どうすれば良いのでしょうか?」
こういった質問をされている方がいます。

汗っかきの人やアトピーの人は、痒みなどが我慢できず思わず掻いてしまいます。
すると、肌の真皮層まで傷がつかないようにメラニン色素がどんどん発生されます。
そうして、肌に定着することで色素沈着する場合もあるようです。

ですから、痒みが生じたらできるだけ掻かないようにすることが大切。

次に、擦れ易い生地も控えること。
ピチピチのものを着ると、歩くたびに擦れます。
擦れることで、どんどん肌バリアが弱くなって上記のようなことが生じる恐れがあります。
通気性が良く少しゆとりのある綿などの肌に優しい素材の生地を着用することを心がけてください。

遺伝によって多少の肌の色によって差はあるかもしれません。
しかし、それが原因で色素沈着が生じるというのはほとんどありえないと思います。

原因は、アトピーやアレルギーなどによって生じる痒みによって掻く・蒸れ・摩擦・肌荒れ(乾燥)・ホルモンバランスの乱れが大きいです。
これらを改善していくことで、色素沈着の改善が見込まれるのです。

ひどい場合は、皮膚科に行って相談することをオススメします。
その際、普段の生活で気をつけることなどを同時に聞いておくといいかもしれません。

ビキニラインの色素沈着はどうすれば元の肌に戻る?

ビキニラインの色素沈着は、大きく4つの原因が考えられます。
そのため、それぞれの原因に合わせた対処法が重要になってきます。

基本的には、原因をなくし症状を改善することが大切になってきます。

1.下地や洋服による摩擦によって色素沈着が生じた場合
・通気性のよい生地の服や織物をつける
・下着を少しゆとりのあるものにする
・色素沈着に効果のあるローションやオイル、クリームを着る
・紫外線の影響を受けないようにする
・外用薬や内用薬を使う
といったことが重要になってきます。

2.かぶれや炎症によって色素沈着が生じた場合
・通気性のよい生地の服や織物をつける
・肌に優しい洗顔料などを使用する(ボディソープや生理用ナプキンや電気シェーバーなど)
・肌を乾燥させないように、低刺激で高浸透のローションなどを塗る
・紫外線による影響を受けないようにする
・外用薬や内服薬を使う
といったことが重要になってきます。

3.アンダーヘア脱毛による刺激や炎症によって色素沈着が生じた場合
・カミソリでなく電気シェーバーを使用する
・シェーバーは衛生面が良いものを使用する
・ワセリンなどの刺激を鎮める薬を処理前・処理後にきちんと塗っておく
・外用薬や内服薬をつかう

4.ホルモンバランスの乱れによって色素沈着が生じた場合
・喫煙やストレスなどを和らげ、規則正しい生活習慣を送る
・ホルモンバランスを整える食品を摂る
・生理不順であれば婦人科に相談する
といったことが大切になってきます。

自分で判断して解決しようとするよりも、医師に診せたほうが悪化せずに解決します。
大丈夫だと放っておくと治りづらくなるので、少しでも気になった場合は速めに医師に相談するようにしましょう。

ビキニラインの色素沈着を治すクリーム

ビキニラインの色素沈着ができた場合、この色素沈着を治すクリームはあるのでしょうか?

医師に処方されるクリームとしては、ハイドロキノンというものが一般的です。
これは、出来てしまったメラニン色素を薄くしてくれる効果があると言われています。

ハイドロキノンは濃度が高い方が効果があると思われがち。
しかし、濃度が高いとその分、肌への刺激・作用が強いので、逆に健康な肌までダメにする恐れがあるのです。
さらに、副作用も生じるので、自己判断で使用するのは恐ろしい薬でもあります。

また、紫外線対策をしておかないとシミが出来易くなるなどの特徴もあります。
ですから、ハイドロキノン配合のクリームは、医師に処方されたものを使用するのが一番です。
その際、医師の話をよく聞いて副作用や特徴などを知り、用法・用量を守って正しく使えば治すのも可能です。

ピーリングジェルやクリームも効果的。
ピーリング作用によって、古い角質(色素沈着した角質)を削ぎ落とし、肌のターンオーバーを促します。
肌に大きく作用するため、できるだけ無添加製品を選んだ方がよいでしょう。

次に効果的なのは、ビタミンC配合やビタミンC誘導体配合のクリームを塗ること。
メラニン色素をいくら排泄したからといっても、メラニン色素が作られ易い体質を改善しないとすぐに同じ失敗をしてしまいます。
ビタミンCを積極的に取り入れる事(メンソレータムなど)で、メラニンが作られづらい体質にしていくことも大切です。

ビキニラインの色素沈着を治すにはどこに行けばいい?

ビキニラインが誤って色素沈着したら、どこで治せばいいのでしょうか?

まず、一度エステ店に行って症状を診てもらって下さい。
その際に、きちんと説明なり謝罪なりしてくれると思います。
その後は、必ず医者のところに行って診て貰いましょう。
医者に処方された薬を、正しく使用することで改善は見込まれます。

よく自宅で色素沈着を治そうという方もいますが、あまりオススメできません。
肌のターンオーバーでも、2年程度かけてやっと薄くなるかならないかと言われています。
また、色素沈着の理由がどういうものなのかがはっきりしない中、ただ美白成分の薬を使用しても治るとは限りません。
誤って色素沈着をひどくする場合だって考えられます。

ビキニラインは確かに恥ずかしい部分。
だから、人前に見せるのは抵抗があります。

どうしてもという方は、ポーラのホワイティシモやハイドロキノンなどの美白成分のある商品を使用してみるとよいかもしれません。
ただ、美白成分が強力なので必ず用法・用量を守って使用するようにしてください。
そうしないと、色素沈着が治らないどころかさらに悪い状態になってしまう恐れがあります。
特にハイドロキノンは、6ヶ月以上続けられない・紫外線に当たってはいけないなどの制約がありますので気をつけてください。

しかし、自分で治そうとすればするほどどんどん悪化して治らなくなってしまったら・・・。
こうなると、恥ずかしいところではありません。
ですから、信頼できる病院に行って処方されるのが一番です。
カウンセリングの際、「どこで」「どのようにして」「発症してどのくらいか」などをきちんと医師に話すと適切な治療が受けられます。

ビキニラインは脱毛すると色素沈着するって本当?

ビキニラインは脱毛すると色素沈着する場合があります。

まず、自己処理で行う場合に考えられるのが、カミソリを使った処理。
カミソリというのは、産毛も処理できるため、一度剃れば生えづらくなるという点では便利。
しかし、誤って肌の真皮層など健康な肌細胞まで一緒に削ぎ落とす危険性ももち合わせています。
すると、肌バリアが弱まってちょっとした刺激でも肌荒れを起こしてしまうんです。

また、ピンセットなどで抜くのもあまりオススメできません。
同様に、肌細胞も一緒に傷つけることで肌荒れしやすくなるからです。
肌荒れを起こすと、ホルモンバランスの乱れや紫外線などの影響によって色素沈着を起こしてしまう場合があるのです。

ですから、ビキニラインであるVゾーンやデリケートゾーンであるIゾーンを自己処理する際は、カミソリでなく電気シェーバーを使用することをおすすめします。
電気シェーバーの場合、表面に生えている毛の処理しかできませんが、肌を傷つけづらいのでオススメです。
また、VゾーンやIゾーンなどデリケートゾーンを処理したあとは、必ずワセリンなどクリームを塗って肌バリアを保つことが大切です。

一度、色素沈着を起こすと中々治療が難しいので、手入れは最後まで丁寧に行ってください。
また、レーザー脱毛でも色素沈着する場合があります。

レーザー脱毛というのは、レーザーで毛を焼き切るというもの。
そのため、出力が強いと火傷する恐れがあるのです。
火傷することで、肌が次第にシミとなっていくのです。
ですから、エステのレーザー脱毛は必ずしも安全とは言い切れないのです。

ビキニラインの脱毛処理は、最新の注意を払って行う必要があるのです。

レーザー脱毛でビキニラインが色素沈着してしまった

レーザー脱毛は、自己処理が難しいVラインやIラインの脱毛を、安全かつ半永久的に脱毛処理ができるとして利用されている方も多いようです。

しかし、その分リスクも伴います。
そのリスクの一つが、色素沈着が残ってしまうことです。
特にビキニラインが色素沈着したら、ビキニを着たくてもためらいが生じますよね。

どうすればいいのでしょうか?

そもそも、レーザー脱毛でなぜ色素沈着が起こるかというと、レーザーによる肌細胞の火傷が原因なのです。
レーザーの出力が強すぎて誤って火傷を生じると、肌の奥にある真皮層を火傷によるダメージから守ろうとして、メラニン色素を作り出します。
このメラニン色素が沈着することで、黒い色素沈着が生じるのです。

色素沈着は、通常肌のターンオーバーによって1ヶ月程度で治るといわれています。
しかし、これはあくまで色素沈着が真皮まで至っていない場合に限ります。
真皮まで色素沈着が起こってしまったら、肌のターンオーバーだけでは簡単には治らないのです。

ビタミンC導入によって、2年程度時間をかければ次第に薄くなっていくかもしれません。
ですが、2年というのはちょっと・・・・。

そこで、トレチノイン酸とハイドロキノン配合の商品がオススメです。
強力な美白成分なので、頑固な色素沈着も薄くしてくれます。
ただし、ハイドロキノンというのは副作用&取り扱い方が指定されている強力な成分です。
自己処理で使用していると、治療不可能になることだって考えられます。
まずは、エステ店でこうなったという症状を具体的に見せて治療代を返してもらったりしてください。
その後、医師に見せて処方された薬を服用したり、生活習慣に気をつけて生活するなどしてみることから始めてください。